生き物好きの息子が飼っている子分達の飼育係による観察日記です。コメントやトラックバックなど大歓迎です。もちろんリンクフリーです。


by ooken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「カラン・コロン」☆に。。。

水槽をにぎやかにするために導入された
「カラン」と「コロン」。
水槽に入って3日と持たずに☆になってしまいました。

嘴の先からどんどん白くなり、最後は鰓の辺りが赤く腫れていました。
白点病かコショウ病と呼ばれるもののようです。

息子は友人にも見せて自慢して、かなり気に入っていたのに。
どうにも悔しいので、色々調べて購入したショップの人にも聞いてみました。

まず、水質。
「汚れ等には強いが、弱酸性でないとキツイ。
 水温は高めがよく、30度近くで白点は出にくい。」
とのこと。

自宅水槽のpHを調べると7.2.弱アルカリである。
温度は28度程度。

「7.2は少々きついかも知れません。
 もう少し数字が下がってからの方が良いかもしれません。
 ラスボラの王様とは言われるが、大きいだけで
 水質の変化に凄く弱いですから。
 水あわせもしっかり丁寧にやらないと。」

と、言われ、pHの下げ方を質問すると、
「手っ取り早いのは、テ○ラのpH-という薬を使うのですが、
 薬はあまり良くないですよ。
 簡単なのは、強い魚を多めに入れて、
 ウンコとかを掃除しないで放っておくことですかね。」

思いっきり水換えのときにウンコ取ってたよ。。。
でも、アンモニアとか亜硝酸塩とか濃度上がらないのかな。

「ろ過のバクテリアがしっかりしていれば、
 結構大丈夫ですよ。
 水換えはちゃんとやってください。上澄みだけで良いですから。」

大型店舗の割には商品を売りつけない誠実な答えだったので
信用してみることに。
餌用のモロコのうち、大きくて食べられないようなものを入れて、
しばらく放置してみます。
[PR]
by ooken | 2004-11-22 11:15 | 60cm水槽その1