生き物好きの息子が飼っている子分達の飼育係による観察日記です。コメントやトラックバックなど大歓迎です。もちろんリンクフリーです。


by ooken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ガマ吉くん、ごめんね。。。

家族会議に従って、飼育ケースの整理を始める。

ウシドスはケースごとビニールの手提げ袋へ。
ヒキガエルちびっ子チームのうち、
「ガマ吉と、ガマ文太は残してね。あと、ガマザンとガマグランデも。。。」
ってそれじゃ殆ど残すじゃないか!
「じゃあ、ガマ吉とガマ文太。」
ということで、まずガマ吉をヒキガエル大きいチームのケースに放つ。

ん、なにやらガマキングjr.の様子が。
でも、まさか共食いは出来ないでしょ。。。

と、ガマ文太も放そうとしたとき、
「あっ!!!」
と息子が叫ぶ声に、ふとガマキングjr.を見ると
なぜだ、前足が4本ある。
いや、これは、後ろ足?

そう、ガマキングjr.の口から飛び出たガマ吉の後ろ足でした。。。

捕まえたときは一番大きくて、色も一匹だけ赤く目立った子でした。
どんどん他の子は大きくなるのに、一匹だけ小さくて、
でも、死んでしまう子も居る中で、しっかり生き残っていた子だったのに。。。

そう、コオロギLより小さかったから。。。
まさか共食いするとは思わなかったが、サイズが違いすぎたから。
最近実家で小さいヒキガエルを見ないのは、
ほかの大きいのに食べられていたのかな。。。

などと、考えてしまいました。

しばらく涙目の息子と見つめ合い、
「天国に逝っちゃったのかな?」
との質問に
「そうだね。」
と、答えるのがやっとでした。


結局、ヒキガエル小さいチームはガマ吉以外を実家に持って行きました。

「ガマ吉の命が入っているのだから、
 ガマキングjr.には長生きしてもらわないと。」
と、息子は言ってくれました。

ごめんね、ガマ吉。。。
[PR]
by ooken | 2004-10-05 18:55 | アズマヒキガエル