生き物好きの息子が飼っている子分達の飼育係による観察日記です。コメントやトラックバックなど大歓迎です。もちろんリンクフリーです。


by ooken
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:60cm水槽その1( 65 )

b0022570_23435545.jpg

いくら餌代が掛かるポリプと言えど、
いくら小赤が200匹でお買い得とはいえ、
何の水槽だかさっぱり解らないw^^;






[PR]
by ooken | 2011-09-17 23:45 | 60cm水槽その1

ハリーさん

先日から飼育を始めていたスズキのハリーさん。
針を飲み込んでいたのでハリーさん。
残念ながら☆になってしまいました。

餌もアオイソメなら食べるので、
体形もふっくらしてきて順調そうに見えたのですが、
新入りさんを迎えようとしたら、
あっさり逝ってしまわれました。。。

追加する時は難しいですねぇ。
[PR]
by ooken | 2010-10-25 09:46 | 60cm水槽その1

スズキさんが食べた!

先日釣り上げてから一切食事をした形跡の無かったスズキさん。
昨日の釣りで残った餌(アオイソメ)を放り込んだ所、
無事、パクリと戴いてくれました。
これでひと安心だが、釣り餌なので健康面で微妙に心配。
買うとなるとお値段もそれなりにするのでまた心配。
自宅でキープできれば良いのだが。。。

海水にエアポンプで充分かしら?^^;
[PR]
by ooken | 2010-10-04 10:10 | 60cm水槽その1

スズキさん

b0022570_21152564.jpg
先日釣り上げたスズキさん。
全然食事を採ってくれないので
随分痩せてしまった。
[PR]
by ooken | 2010-09-27 21:15 | 60cm水槽その1
ダトルさんと入れ替わりになってしまった新入りさん。

ストライプホーリーです。名前はまだ「ホーリーさん」
b0022570_13371981.jpg
なんか、凄く凶暴です。
だからというわけでも無いのですが、
水温を低く保つためにファンをつけられています。
b0022570_1339846.jpg
一時はエモロナス症候群でボロボロになってしまいましたが、
今ではすっかり良くなりました。
やっぱり活き餌は気をつけないとなのかしら?
[PR]
by ooken | 2010-08-14 13:41 | 60cm水槽その1

ダトル

ダトニオ+1の「ダトル」さんが☆になりました。
5年以上頑張って、何度か危機を乗り越えながらも
楽しませてもらったのですが。

実はこちらの水槽に新入りさんが入ったのですが、
導入の際、活き餌を使ったのが影響したのか、
新たな流木を入れたのが影響したのか、
静かに息を引き取りました。

本当は、共食い的なことを恐れたのですが、
そちらは大丈夫、と安心した矢先の、
下手したら共倒れしかねない状況。。。

新入りさんもちょっとダメージがあるので、
そちらが治ったら改めて紹介しようかと。
[PR]
by ooken | 2010-07-08 10:17 | 60cm水槽その1

旅立ち

暗いうちに生き物部屋をチェックする習慣が付きました。
しかし、春の嵐が吹き荒れた朝、
同じ様にチェックすると床に黒い細長い物体。

すわ、れもんさんが!?
と、思ったら変わり果てた姿の「ぐりた」でした。。。
給餌の際の照明の僅かな隙間から飛び出したのでしょう。。。
今までもずっとチャンスがあっただろうに
飛び出していなかったので油断しました。。。
今の住居に移り住んで4年。
彼にとっては短い時間になってしまいました。

やはり、長モノの魚は飛び出し注意ですね。

エンドラゴンさんはまだダトルにとって一口サイズなので
合流させられません。
[PR]
by ooken | 2010-03-23 13:07 | 60cm水槽その1

ダトルピンチ!!!

いつものように水槽の水換え作業。
本当は水温の急激な変化を避ける為に
水温をきちんと馴染ませてやらないといけないのですが、
我が家のお魚さん達は丈夫だから、と
気にせず交換すること5年以上。
今まで特に問題は起こった事がありませんでした。

が、この日は給水中に突然ダトルが暴れだし、
ついにはエラを全開にしてピクピクと、、、
慌てて水槽から掬いだし、交換用の水の入ったバケツへ。
暫くして落ち着いたようなので、
今度は日淡水槽の中へポリ袋に入れて移動。

どうやら落ち着きを取り戻したようです。。。
なぜかフンまでしておりました。

原因は良く解からないのですが、
水温か有害物質の混入かと思われますので、
再度水槽水を8割程度入れ替え、水温も日淡水槽並みになるまで放置。
その後、軽く水合わせの後、放流。
数時間後には餌もキッチリ食べたようなので
多分大丈夫でしょう。。。

ちなみに同じ水槽内のぐりたは全く動じておりません。
むう、、、一体何が起こったのだろう?
[PR]
by ooken | 2010-01-18 16:01 | 60cm水槽その1

古代魚水槽

b0022570_15552163.jpg
b0022570_15555134.jpg
現在ダトル(ダトニオプラスワン)とぐり太(ポリプテルス・ザイールグリーン)
の2匹と大量に発生したスネールで暮らしております。
以前はダトルがぐり太を虐めていましたが、
現在では立場逆転したようで、
ダトルの尾びれが齧られたりしてました。
普段はぐり太も隠れているので殆どケンカはしないんですけど。。。
こっちも本当はリセットしたいけど、ナカナカ時間が取れない~
春先辺りにチャレンジ?
[PR]
by ooken | 2009-01-07 15:56 | 60cm水槽その1

縁の下の力持ち

古代魚水槽のイシマキガイが居なくなってすぐに苔が酷くなった。
しかも近所のショップは在庫切れで入荷も未定。
見る見る苔とフンで汚れていく水槽。

見かねて仕事の最中に見つけた金魚屋さんでイシマキガイを3つ購入。
2週間くらい掛けてようやく綺麗になってきた。
ガラス面の苔が取れるのは解かるのだが、
なぜだかフンや食べカスも貝が居ると居ないでは残り方が全然違う。

綺麗になるのは良いのだが、だんだん彼らの食べるモノがなくなってしまうのが
いつもの事とは言え心苦しいものがある。
それゆえの少数導入なのだが。

b0022570_14141935.jpg
写真は随分大きくなったポリプテルスザイールグリーンの「ぐりた」。
ヒーターカバーの隠れ家から出ている事が多くなった。
そろそろ狭くなったのかもしれない。
[PR]
by ooken | 2007-10-05 14:14 | 60cm水槽その1