生き物好きの息子が飼っている子分達の飼育係による観察日記です。コメントやトラックバックなど大歓迎です。もちろんリンクフリーです。


by ooken
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

申し訳ございません

気付けば1週間丸々更新出来てませんでした。。。

b0022570_9363491.jpg
久しぶりに水槽の掃除を済ませて御満悦のベルキングjr.
勿論この後はガブリと飛びついてきます。
もはや日課と言うか、挨拶みたいなものです。
次にまた更新が途絶えたら、この辺を心配してください。
[PR]
by ooken | 2007-07-31 09:37 | ツノガエル

ありゃりゃ!?

なんとれもんが8クラッチ目を産んでしまいました。
恐らく無精卵なんですが、そろそろ体に支障をきたしそうです。
相変わらず産後は物凄い食欲で、
ピンセットや水入れにまで噛み付いてきます。
キミはベルツノか?

で、卵は取り出し、一応保管していますが、
一度キレイに片付けた床砂をまたしても掘り返して
ウエットシェルターを埋めていました。。。
いや、とり上げたのは悪いと思うけど、また埋めること無いじゃん。。。
[PR]
by ooken | 2007-07-23 15:50 | ヒョウモントカゲモドキ

当たり年!?

コーカサスオオカブトの幼虫が無事成虫になりました。

b0022570_17532275.jpg
残念ながら♀でした。
オオクワと言い、今年は♀が多い我が家。
小遣いを出資した息子はやはり残念だった様子。
しかし、珍しく自分で写真をパチリ。

参考までにこの昆虫ゼリーは広口タイプです。
流石に雌でも結構大きいです。
[PR]
by ooken | 2007-07-17 17:58 | 虫たち

やっぱり

れもんの7クラッチ目、物凄い速さでしぼみ&カビてしまいました。
やっぱり無精卵だったようです。

当のれもんは、ピンセットからもイエコをガツガツ食べて、
神経質な所がなくなりました。
どうやらコレで打ち止めのようです。
(ドラゴンと比べて)随分とスリムな体になってしまったので、
冬が来るまでにたっぷり栄養つけてもらわないと。

デュビアも繁殖してもらわないと。。。
[PR]
by ooken | 2007-07-13 08:29 | ヒョウモントカゲモドキ

ダメでした。。。

先日のホイホイに引っかかったチビヤモさん。
残念ながら☆になってしまいました。

最初の強制給餌からはなかなか食べてくれなかったので
心配していたのですが、力及ばず残念です。。。
[PR]
by ooken | 2007-07-10 09:37 | ニホンヤモリ

申し訳ございません

b0022570_17114576.jpg
と、言っている訳ではありません。

珍しく定位置から前の方に出てきたガマキングjr.
別にウ△チするわけでもなく。はて?
[PR]
by ooken | 2007-07-09 17:15 | アズマヒキガエル

7クラッチ目

れもんさんがまた産卵しました。
真っ白なイカにも無精卵な感じですが、
大きさや張りはあるので、なんだか期待してしまいます。。。
って6クラッチ目でもそんなこと言ってますが。

直後にデュビア成虫2匹、明けてpマウス1匹食べました。
pマウス食べるとはよっぽどお腹空いたかね。
こちらとしては安心度が高まりますが。^^
[PR]
by ooken | 2007-07-06 14:42 | ヒョウモントカゲモドキ

とりあえず、食べて。

ゴキブリホイホイから救出したチビヤモ。
普通に見つかったコと比べてちょっとヤセすぎな感じ。
というかガリガリ。

一応チビイエコを放り込んだものの、食べた形跡なし。
そんなに追う素振りも見せないので、
ちょっとムリに食べてもらう事に。

持つと威嚇して口を開けるので、
頭を取ったチビイエコを放り込む。
1匹目は吐き出したものの、中身は無くなっていたので食べたのでしょう。
もう1回チャレンジした所、今度は時間を掛けて飲み込みました。

壁チョロは出来ると言ったものの、
やはり、ヤモリ特有の素早さに陰りが見えるので、
暫くはこの手で行かざるを得ないかもしれません。

とりあえず、脱皮待ち。
[PR]
by ooken | 2007-07-04 09:22 | ニホンヤモリ

救出作戦成功?

前日にゴキブリホイホイに引っかかってしまったチビヤモですが、
なんとか救出に成功したようです。良かった!
まだ、餌を追ったりしていないので、予断を許しませんが、一安心。
一応コトの顛末を御報告。

ゴキブリホイホイにて発見された後、
なるべくギリギリのところまで台紙を切り取る。
その際もち手となる部分は残す。

充分に湿らせたキッチンペーパーの上に台紙ごとのせ、
ボール紙をふやかせる。
粘着力も若干低下したようだ。

翌日、ピンセットを用いて丁寧にボール紙を剥がし、
粘着部と僅かな厚さの紙が残る。
充分柔らかくなったせいか、口をあけてキュッキュッ鳴く。一安心。

台所にあったオリーブオイルをふりかけ、周囲の粘着力がなくなるのを確認。
その後ピンセットにてゆっくり剥がしていく。

剥がしていく途中、ピンセットの先にてオイルを少しずつ
粘着部と体の間に流し込む。

指先や、尻尾は欠落を恐れて少々雑で良いかな、と適当に。
でも、結構キレイに取れる。
救出成功!!!

b0022570_14475290.jpg
ティッシュとキッチンペーパーにてオイルをふき取り、
湿らせたキッチンペーパーを床材にして、
プラケに入ってもらう。

暫く動かずに大人しくしていたが、
暫くしたらプラケにて壁チョロまでしていたのでかなり安心。
後は食事を確認するだけでしょうか。
[PR]
by ooken | 2007-07-03 14:48 | ニホンヤモリ

恐れていた事が。。。

今朝、うっかりイエコプラケの蓋を開けっぱなしにしていたのに
気付いて慌てて閉めました。
近くにはゴキブリホイホイを置いてあったので、
脱走状況把握の為にもチェック。(いつもしてるんですけどね。)

すると、数匹の元気なイエコに混じって、
先日の脱走ヤモと思しきチビヤモが引っかかってました。。。
体中しっかり張り付いて身動き取れない状態。
辛うじてモゾモゾするものの、口を開けるのも難しそうな状態。

とりあえず、
周囲を切り取り、充分湿らしたキッチンペーパーの上に乗せて、
ボール紙部分をふやかして取れないかやっています。

脱皮したら大丈夫かなーとも思うのですが、
皮を破ったりできるのかも疑問ですし、
そもそもそれだけの体力が残っているとも思えません。。。
どこかでゴキブリホイホイにヤモは予後不良
と言う記事も見たような気もしますが、
なんとかできることはしてあげたいと思います。

皆さんも脱走にはお気をつけ下さい。。。
[PR]
by ooken | 2007-07-02 13:20 | ニホンヤモリ